サステナビリティ

イオンモールのマテリアリティ

イオンモールのマテリアリティ

マテリアリティマップ

マテリアリティ分析を通じて中長期的な価値創造に大きく影響を及ぼす項目を特定。これらの項目について戦略や施策を立てて強化していくとともに、今後KPIの設定も含めて検討していきます。

マテリアリティ・マトリックス

図:マテリアリティ・マトリックス

マテリアリティ分析プロセス

Step 1

テーマの特定

マテリアリティ分析の実施にあたり、DJSI※1やFTSE※2のような評価項目、GRI、同業他社の重要課題などを参考に検討すべき社会課題を洗い出しました。
イオンモールグループは、国内外で事業を展開していることから、SDGsと日本特有の社会課題を考慮し、テーマを34項目に整理しました。

  • 米国のS&P Dow Jones Indices社とスイスのRobecoSAM社が共同で選んだサステナビリティ株式指標。
  • FTSEは英国ロンドンに拠点を置き、株価指数の算出・管理を行っている。
Step 2

ステークホルダーに
とっての重要度

SASBなどの各種ガイドラインやESG評価機関の評価項目を活用し、ステークホルダーにとっての重要度を評価しました。

  • 米国サステナビリティ会計基準審議会
Step 3

自社にとっての重要度

自社にとっての重要度を把握するため、経営理念や中期経営計画を活用し整理しました。

Step 4

妥当性の確認

イオンモールグループの事業の特性を考慮し、社外取締役が独立した立場から妥当性(マテリアリティ分析プロセスおよび結果)を検討しました。
その意見を踏まえ、グループ全体のマテリアリティを修正し、CSR会議で承認しました。

  • 地域に密着した事業を営むイオンモールでは、地域の社会課題を解決することもまた事業上の使命であると考え、グループのめざす姿でもある「CSRと事業が一体化した経営、CSV(Creating Shared Value)へ」の実現へ向けて、社長を議長とする「イオンモールCSR会議」を毎月開催。重要課題である「E 環境課題」「S 社会課題」「G ガバナンスの強化」「C コミュニケーション」の4分野を中心に、取り組みの内容や現状の課題などを議論しています。

当社の価値創造モデル

ショッピングモールの開発から管理・運営まで、商業ディベロッパーとして培ってきた総合力を強みに、 2025年の長期ビジョンに向けて価値創造の基盤を強化しながら、 3つの事業展開を通じて価値創造を図っていきます。

図:当社の価値創造モデル