MENU

コーポレート・ガバナンスの状況

コーポレート・ガバナンスの状況

② 取締役会全体の実効性についての分析・評価

当社では、アンケートによる自己評価方式にて取締役会実効性評価を実施しており、第三者機関による回答内容の分析結果に加え、社外役員を中心に意見交換・討議を実施したうえで取締役会にてその結果を検証・議論いたしました。
取締役会では、適切な議案設定がなされ、多様な見識・経験を有する取締役および監査役による活発な議論が行われ、適切に機能しているものと判断しており、2017年度は総じて前年度よりも改善が図られました。
特に各業務執行の中長期のビジョンに対するモニタリングや社外役員と経営責任者との定期的な意見交換の場の提供などについての改善が高い評価となっております。
一方で、役員等の候補者指名や報酬に関するプロセスの一層の客観性・透明性の確保、グローバル化の進展に伴う適切なリスクテイクを支えるリスクマネジメントの向上等、今後の検討すべき事項が明らかになりました。
今後も、取締役会の機能向上に向けた施策を着実に実行していくことで、取締役会のさらなる審議の充実と実効性の向上に努めてまいります。

コーポレート・ガバナンスの状況

コーポレート・ガバナンスの状況

② 取締役会全体の実効性についての分析・評価

当社では、アンケートによる自己評価方式にて取締役会実効性評価を実施しており、第三者機関による回答内容の分析結果に加え、社外役員を中心に意見交換・討議を実施したうえで取締役会にてその結果を検証・議論いたしました。
取締役会では、適切な議案設定がなされ、多様な見識・経験を有する取締役および監査役による活発な議論が行われ、適切に機能しているものと判断しており、2017年度は総じて前年度よりも改善が図られました。
特に各業務執行の中長期のビジョンに対するモニタリングや社外役員と経営責任者との定期的な意見交換の場の提供などについての改善が高い評価となっております。
一方で、役員等の候補者指名や報酬に関するプロセスの一層の客観性・透明性の確保、グローバル化の進展に伴う適切なリスクテイクを支えるリスクマネジメントの向上等、今後の検討すべき事項が明らかになりました。
今後も、取締役会の機能向上に向けた施策を着実に実行していくことで、取締役会のさらなる審議の充実と実効性の向上に努めてまいります。