サステナビリティのために取り組んでいることはある?

ステークホルダーにとっての重要度を考慮しながら、地域のインフラとなるモールづくりや、環境・社会への負荷が少ない事業運営に取り組んでいます。

イオンモールでは、防災拠点として機能する、行政機能を提供できるなど、地域のインフラとしての価値あるモールづくりに長年取り組んできました。また、CO2排出量の削減をはじめ、環境・社会への負荷を低減する取り組みにも注力しています。

2019年には、自社とステークホルダーの双方にとって重要度が高い「重要課題(マテリアリティ)」として10項目を設定しました。これらを前提に、具体的な施策を検討・実施しています。

<主な取り組み分野/取り組み例>