ESG 投資家・有識者の皆さまへ

サプライチェーン(社会)

サプライヤー方針

イオンは、お客さまへ安全・安心を約束しています。そのためにはサプライヤーさまとの取引過程においても社会的責任を果たすべきと考え、2003年にイオン独自の「イオンサプライヤー取引行動規範(イオンサプライヤーCoC)」を制定しました。

児童労働防止

児童労働については、15歳またはその国の法令で使用が許される年齢のいずれか高い年齢に達していない児童を使用し、または使用を支援しないこととしています。法令で使用または雇用が許される年齢、またはそれ以上で18歳に満たない者は、義務教育法の対象である場合は就学を優先し、身体的および精神的な健康や発達に有害または危険となる状況にさらさないことを要請しています。

強制労働防止

強制労働については、「採用や雇用の過程で、暴行、脅迫、監禁その他精神、身体および行動の自由を不当に拘束する手段により、従業員の意思に反する雇用や労働を強制し、またはそれに加担しないこと」を要請しています。

差別禁止または機会均等

差別については、人種、国籍、民族、性別、年齢、出身地、宗教、学歴、心身の障がい、性的指向と性自認などを理由として、採用、賃金、昇進、訓練、離職、退職などの雇用に関して差別し、または差別に加担しないこと、さらに雇用に関わるすべての判断において、必要とする機能の遂行能力を基準におこなうことを要請しています。

過度の労働時間の削減に取り組む方針

法令順守の観点から、過度の労働が発生しないよう要請しています。

最低賃金や生活賃金に対する権利を支持する方針

法令順守を義務付けています。

健康と安全基準

 低賃金労働(最低賃金を下回る労働)の防止を要請しています。

リスク評価・監督

すべての建造物における障がい者対応の評価の実施

すべての建物でバリアフリー・ユニバーサルデザインを導入しています。当社の基準は、専門家やご利用者さまからのフィードバックを受けて改善を続けています。また、2015年には「第8回国土交通省バリアフリー化推進功労者大臣表彰」を受賞しました。

サプライヤー問題の対応と防止策

サプライヤーさまの能力強化(キャパシィ・ビルディング)

サプライヤーさまの能力向上のため、専門店従業員研修に加え、接客ロールプレイング大会、VPコンテストなどを開催しています。

第8回イオン同友店会 接客ロールプレイング大会

お客さまから「また接客してほしい」と思っていただけるような、接客技術やマインドを育んでいただくことを目的とし、接客ロールプレイング大会を開催しています。また、イオン同友店約30,000店の代表たちが培った接客を披露する場だけでなく、トップレベルの接客を見ることができる学びの場でもあります。これは、海外でも実施しており、中国では、計19モールから約3,700店舗の従業員、約5万名を対象に、4回目となる全国大会を開催。カンボジア、ベトナム、インドネシアでも実施し、取り組みの輪を広げています。

VPコンテスト

売上を買上客数や買上単価などの要素に分解し、自店の強みや課題を把握した上で、商品のコーディネートや演出をおこない、お客さまへ魅力的に伝えることがVP(ビジュアルプレゼンテーション)です。VPコンテストでは全国から5,500店以上の応募があり、同友店の好事例を共有しています。

いじめやハラスメントへの対処

内部通報の社内窓口、社外窓口は当社の従業員と同様に取引事業者さまの労働者が利用できるようになっており、「公益通報者保護規則」により守秘義務や通報者などの保護、調査、是正処置などのルールと仕組みを定めています。

不動産

都市の再開発プロジェクト

オフィス複合型商業施設「イオンモール則武新町」

不動産の設計および開発段階における公共交通機関へのアクセスの考慮

鉄道やバスなど、公共交通のアクセスを考慮した設計、開発をおこない、必要に応じて路線バスの誘致やシャトルバスの設置をおこないます。また、公共交通機関の利用人数をISO目標としてKPIに定めています。