CSR・環境活動

ReportCSR会計報告

2018年度CSR会計報告

イオンモール株式会社では、環境保全活動や社会地域貢献活動のコストを把握し、CSR経営の指標とし、運用しております。

環境保全活動として、投資と費用合計で「112億33百万円」、2017年度比110.0%となりました。2018年度オープンしたイオンモール座間では、建物屋上、壁面及び立駐棟壁面に太陽光発電パネルを大量設置し、1メガワット(電力量で年間を通して一般家庭約300世帯分をまかなえる電力)のクリーンな電力を生み出すことを可能としています。

また2016年度より開始している電気自動車充電設備の大規模設置を継続的に実施。2018年度は356基を新たに設置し、今後見込まれる電気自動車の需要拡大に向け環境整備を進めています。これら環境負荷低減に向けた投資により、2018年度の省エネルギー・省資源の投資額は昨年度対比122.1%となりました。

社会地域貢献活動では、投資と費用合計で「10億75百万円」となり、2017年度比94.3%となりました。公益財団法人イオンワンパーセントクラブの助成金事業を受けて日本全国で地域貢献活動を開催しました。そして、イオングループが設置拡大を進める事業所内保育施設「イオンゆめみらい保育園」の展開においては、前年度末において25園となりました。今後もグループ企業の従業員をはじめ、より多くの方々の仕事と育児の両立支援、待機児童解消の一助となる取り組みを進めていきます。

CSR会計全体しては、2017年度比108.4%の計上となりました。

環境保全コストの主な内訳

※横スクロールしてご覧ください

  投 資 費 用 総合計(単位:百万円)
2017年度 2018年度 前年比 2017年度 2018年度 前年比 2017年度 2018年度 前年比
環境関係調査費用 70 65 92.8% 70 65 92.8%
環境保全資材の導入 50 48 96.1% 50 48 96.1%
環境保全・植樹活動 493 488 98.8% 493 488 98.8%
施設メンテナンス 4,448 4,784 107.6% 4,448 4,784 107.6%
省エネルギー・省資源 2,361 2,882 122.1% 21 13 62.6% 2,381 2,895 121.6%
電気自動車充電器 320 814 254.5% 320 814 254.5%
空調換気省エネシステム 405 316 77.9% 405 316 77.9%
LED 1,590 1,431 89.9% 1,590 1,431 89.9%
その他 45 321 708.0% 21 13 62.6% 66 334 507.1%
廃棄物処理とリサイクル 1,629 1,666 102.3% 1,629 1,666 102.3%
環境管理 453 451 99.6% 453 451 99.6%
事故・緊急事態予防・対応 691 837 121.1% 691 837 121.1%
環境保全活動 合計 2,361 2,882 122.1% 7,854 8,351 106.3% 10,215 11,233 110.0%
社会地域貢献活動 1,140 1,075 94.3% 1,140 1,075 94.3%
総合計 2,361 2,882 122.1% 8,994 9,426 104.8% 11,355 12,308 108.4%
投資額略図
費用額略図
投資+費用総額の年度別推移略図

期間:2018年3月1日~2019年2月28日
範囲:イオンモール(株)ISO14001適用範囲内とする