CSR・環境活動

「ハピネスモール」
の取り組み
もっとお客さまを笑顔にするイオンモールへ

SDGs持続可能な
開発目標
  • すべての人に健康と福祉を
  • 働きがいも経済成長も
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • パートナーシップで目標を達成しよう

私たちは一人ひとりのお客さまをもっと幸せにする
心豊かな時間や体験をお届けするために、新しい挑戦を続けています。

ハピネスモールを目指して。

  • Healthココロとカラダを、
    楽しく元気に

    日々の健康習慣に貢献し、
    健康的な身体づくりを
    サポートします。

  • Wellness感動と癒しが、
    広がる空間に

    暮らしを豊かにする
    文化・芸術体験を通して、
    癒しや感動を提供します。

  • Community地域の笑顔が、
    あふれる場に

    地域に欠かせない
    生活拠点として、人々が集い、
    つながる場となります。

  • Opportunity豊かな暮らしのための
    商品・サービス体験機会を

    ライフスタイルをより
    豊かにするための機会や
    ヒントを提案します。

地域色を打ち出した、そのモールならではの挑戦を

三嶋 章男
常務取締役 営業本部長

三嶋 章男

全社を挙げて本格的に取り組んで約2年、私たちが目指すハピネスモールのあり方が商業施設の新しい価値としてお客さまにも着実に浸透してきたと感じています。
健康づくりのために館内を歩く「イオンモールウォーキング」のように全モール共通で実施している取り組みもありますが、各モールでもそれぞれの地域性やお客さまのニーズを考慮して独自のイベントや催事を多数開催しています。社歴の浅い社員やフレックス社員(パートタイマー)にとっては自分たちで考えた企画を実現する大きなチャンスで、「この地域のために貢献したい」という熱意を込めて行政や各種団体の皆さまのご協力を取りつけるために奮戦しています。
企画をかたちにしたらそれだけで満足せず、2度目、3度目とさらに多くの方を巻き込んで育てていくことが大切ですね。これからは、たとえば特定の競技について全国で一斉に予選会を開くなど、国内だけで150モールを超えるネットワークを活用してエリアを横断するような取り組みにも挑戦していきたいと考えています。

Health

イオンモールウォーキング×FUN+WALK PROJECT

イオンモールウォーキング×FUN+WALK PROJECT
(左から) 清原 果耶様/鈴木 大地スポーツ庁長官/当社代表取締役社長 吉田 昭夫

当社は、お客さまの健康的なライフスタイルをサポートするため館内にウォーキングコースを設置し、季節や天候、時間に左右されず、お買い物をしながら運動を楽しんでいただけるイオンモールウォーキングを実施しています。スポーツ庁が推進する「歩くことをもっと楽しく、楽しいことをもっと健康的なものにする」官民連携プロジェクト「FUN+WALKPROJECT」に賛同し、全国のモールでさらに館内を歩きたくなる仕組みづくりに取り組んでいます。2018年9月に行った記者会見には、スポーツ庁の鈴木大地長官、ハピネスモールのイメージキャラクターを務める清原果耶様、当社代表取締役社長の吉田が出席。鈴木大地長官からは、「買い物ついでに手軽に歩くことができ、天候や気候に左右されることもないので、暑い地域でも、雪の多い地域でも、快適。このイオンモールウォーキングをぜひ全国の皆さんに知っていただき、身近なところから歩くことを意識してもらいたい」とコメントをいただきました。
イオンモール広島府中(広島県)では、2019年1月25日〜26日に厚生労働省・経済産業省・スポーツ庁の3省庁連携イベント「FUN+HEALTH FESTA」を開催しました。地元の大学の学生とコラボレーションして飲食店の健康メニューをまとめた冊子「ヘルシーグルメガイド」を作成したほか、専門店にもご協力いただき、歩きやすさを重視した通勤時の靴や服装「FUN+WALK STYLE」を展示するなど、お客さまの健康意識の向上に取り組みました。

Wellness

『えんとつ町のプペル』光る絵本展

『えんとつ町のプペル』光る絵本展

お笑い芸人としても活躍するにしのあきひろ様の絵本『えんとつ町のプペル』の原画や過去作品のパネルを展示する「えんとつ町のプペル 光る絵本展」を、2017年より各地のモールで開催してきました。2018年は、イオンモール倉敷(岡山県)、イオンモール福津(福岡県)、イオンモール甲府昭和(山梨県)、イオンモール盛岡(岩手県)で実施。『えんとつ町のプペル』の絵をLEDで光る形で展示し、多くのお客さまに新しい楽しみ方で作品の魅力に触れていただきました。

Community

1,000人でラジオ体操しよう!!

1,000人でラジオ体操しよう!!

イオンモール東久留米(東京都)では、2018年8月25日に地域のお客さま約1,300人が朝8時からモールの駐車場で一斉にラジオ体操を行いました。2018年はラジオ体操の放送開始90周年という節目の年であることから、これまで東久留米市ラジオ体操クラブが開催してきたイベントの規模を拡大して実施。東京都知事、東久留米市長にも参加いただきました。晴天のもと全員で爽やかな汗を流し、お子さまから年配の方まで、幅広い世代がふれあう機会となりました。 (主催:いきいき健康きずなの会)

Opportunity

イオンモールカップ 高等学校「書道パフォーマンス」グランプリ 中四国大会

イオンモールカップ 高等学校「書道パフォーマンス」グランプリ 中四国大会

「書道パフォーマンス」グランプリは、書道を通じた新たな文化の創造や発展、芸術文化の地域間交流の促進などを目的に実施しています。第4回大会は、中四国9県から44の高等学校が参加し、書道のパフォーマンスを競いました。2018年9月より各県で予選会を行い、勝ち抜いた9校による決勝大会を2019年1月12日にイオンモール岡山(岡山県)で開催。参加校の皆さまに日頃の活動を発表する場を提供し、来館された多くのお客さまにも新しい体験と出会う機会を創出しました。