MENU

ニュースリリース

ニュースリリースの検索

  • モール
  • IR
  • 人事
  • その他
  • ESG
  • イベント
  • 新規モール
  • 新規開発計画
  • リニューアル
  • 2022
  • 2021
  • 2020
  • 2019
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011
  • 2010
  • 2009
  • 2008
  • 2007
  • 2006
  • 2005
  • 2004
  • 2003
  • 2002
  • 2001
  • 2000
  • 全て
2022年1月17日

イオンモール株式会社

イオンモールインドネシア

インドネシア共和国における5号店
「(仮称)イオンモール デルタマス」建築着工について
 イオンモール株式会社(以下、当社)は、インドネシア共和国5店舗目となる商業施設「イオンモール デルタマス」について、2024年上期のオープンに向け建築工事に着手しました。

 計画地は、ジャカルタ特別州を中心とした首都圏(ジャボデタベックエリア)の東部ブカシ県デルタマスシティに位置します。デルタマスシティは、インドネシア不動産最大手のシナルマスランド社と双日株式会社による世界最大規模の都市開発事業(約3,200ha)であり、県庁、病院、住宅や日本人学校を含めた教育施設が開発され、都市インフラの整備が進んでいます。また、日系企業を含め工場、物流施設、データセンター等も誘致するなど職住近接の都市開発が進み、更なる人口増加が期待できるエリアです。計画地へはチカンペック高速道路KM37IC出口より数分でのアクセスが可能であり、2023年頃開業予定のジャカルタとバンドン市を結ぶ高速鉄道の新駅からも車5分と、広域からのアクセスにも優れた立地です。
 なお、デルタマスシティは、双日株式会社が主導となり、経済産業省によるスマートシティ調査事業に採択され官民合同で調査を行うなど、アジアを代表するスマートシティを目指しています。当社も積極的に本事業に参画し、地域コミュニティの中核施設として日々の生活をより豊かにする地域のインフラ施設となると共に、持続可能な社会への実現をめざして参ります。

令和二年度「質の高いインフラの海外展開に向けた事業実施可能性調査事業」(インドネシア国・日本企業のスマートシティ実証ショーケース構築可能性調査事業)

計画概要
所在地インドネシア共和国ブカシ県デルタマスエリア
総敷地面積約 200,000m²
延床面積約 153,000m²
総賃貸面積約  85,000m²
駐車台数約   4,000台
開店予定日2024年上期(春)
20220117t.jpg
インドネシア展開
20220117x.jpg
モール位置図
20220117u.jpg
<お問い合わせ>
イオンモール株式会社 社長室 広報グループ TEL:043-212-6733