MENU

ニュースリリース

ニュースリリースの検索

  • モール
  • IR
  • 人事
  • その他
  • ESG
  • イベント
  • 新規モール
  • 新規開発計画
  • リニューアル
  • 2021
  • 2020
  • 2019
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011
  • 2010
  • 2009
  • 2008
  • 2007
  • 2006
  • 2005
  • 2004
  • 2003
  • 2002
  • 2001
  • 2000
  • 全て
2021年11月19日
イオンモール株式会社
サステナビリティ・リンク・ボンドの発行条件決定に関するお知らせ
イオンモール株式会社は、2021年10月22日に発表しました社会課題の解決と環境配慮を目的としたサステナビリティ・リンク・ボンド(*1)の発行について、本日発行条件を下記の通り決定しました。
(1)名称イオンモール株式会社第 28 回無担保社債
(社債間限定同順位特約付)(サステナビリティ・リンク・ボンド)
(2)発行年限5年
(3)発行額200億円
(4)利率0.160%
(5)条件決定日2021年11月19日(金)
(6)発行日2021年11月26日(金)
(7)償還日2026年11月26日(木)
(8)取得格付A-(株式会社格付投資情報センター)
(9)SPT(*2)2025年度末における国内の全イオンモールで使用する電力のCO2フリー化
(10)判定後の債券特性2025年度末の判定時にSPTの未達が確認された場合、2026年10月末までに本社債発行額の0.2%相当額の公益財団法人(イオン環境財団等(*3))への寄付を実施する。2025年度末の判定時にSPTの未達が確認された場合、2026年10月末までに本社債発行額の0.2%相当額の公益財団法人イオン環境財団(*3)への寄付を実施する。
(11)主幹事みずほ証券株式会社(事務)、大和証券株式会社、野村證券株式会社
(12)Sustainability-Linked Bond Structuring Agent(*4)みずほ証券株式会社
(13)外部評価本社債について、株式会社格付投資情報センター(R&I)より、国際資本市場協会(ICMA)の「サステナビリティ・リンク・ボンド原則」との適合性に対する外部評価(セカンドオピニオン)を取得しました。
(*1)サステナビリティ・リンク・ボンド
あらかじめ定められたサステナビリティ目標を達成するか否かによって条件が変化する債券のことを指す。調達資金が必ずしも特定の資金使途に限定される必要はなく、発行体があらかじめ定めた重要な評価指標(KPI)とSPTによって評価される。KPIに関して達成すべき目標数値としてSPTが設定され、KPIがSPTを達成したかどうかによって、債券の条件が変化することで、発行体にSPT達成に向けた動機付けを与える債券。
(*2)サステナビリティ・パフォーマンス・ターゲット(SPT)
サステナビリティ・リンク・ボンドの発行条件を決定する発行体の経営戦略に基づく目標。
(*3)公益財団法人イオン環境財団
助成・支援、植樹、顕彰、環境教育を柱とした公益事業を営む(https://www.aeon.info/ef/)。イオンの基本理念「お客さまを原点に平和を追求し、人間を尊重し、地域社会に貢献する」のもと、岡田卓也氏(イオン株式会社名誉会長相談役・公益財団法人イオン環境財団理事長)他2名からの寄付を基本財産として1990年12月設立。1991年に特定公益増進法人の認可を受けた後、2009年に公益財団法人に移行。
(*4)Sustainability-Linked Bond Structuring Agent
サステナビリティ・リンク・ボンドの商品設計およびセカンドオピニオン等外部の第三者評価の取得に関する助言等を通じて、サステナビリティファイナンスの実行支援を行う者。
本発行への投資表明投資家
本日時点で本発行への投資を表明していただいている投資家名を掲載しております。(五十音順)

アセットマネジメントOne株式会社

静岡県信用農業協同組合連合会

株式会社七十七銀行

株式会社十六銀行

第一建設工業株式会社

株式会社テクノ菱和

東京海上アセットマネジメント株式会社

株式会社 東京きらぼしフィナンシャルグループ

トーア再保険株式会社

マニュライフ・インベストメント・マネジメント株式会社

三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社

本件に関するお問い合わせ
イオンモール株式会社     社長室 広報グループ   TEL:043-212-6733