MENU

モールニュース

モールニュースの検索

  • 2021
  • 2020
  • 2019
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 全て
2021年4月15日

イオンモール株式会社

イオンモール京都桂川

~85店舗の大規模リニューアル完成~
「イオンモール京都桂川」
4月23日(金)第2期リニューアルグランドオープン
イオンモール京都桂川(以下、「当モール」)では、昨年春から2021年4月までの約1年に亘り専門店85店舗を刷新する大規模なリニューアルを実施。4月23日(金)にリニューアルグランドオープンをします。
リニューアルの経緯、概要
 当モールは、2014年10月にオープンし7年目を迎えます。この間、目まぐるしく変化する市場やライフスタイルへの対応、また地域のお客さまのニーズにお応えするため、昨年春から約1年を通じ段階的に、約40%の店舗のリニューアルを実施します。
 今回のリニューアルでは、「ホームライフ&モバイルゾーン」の核として、開業以来、地域のお客さまから最も多くのご要望を頂いた店舗「無印良品」が、衣食住のアイテムを幅広く取り揃えて、売場面積約1,600m²で出店するほか、個性豊かな2つのフードコートへ、京都府初出店や新業態を含む新規出店などが揃い、29店舗をリニューアルオープンします。
リニューアルコンセプト
“わたし上ル みんな上ル ちいき上ル“
ハピネス町家で気分上ル
〝個性″や〝こだわり″を大切にし、そこに新しい価値を加えることで、
これまで以上に〝気分上ル″体験や発見ができるショッピングモールへと進化します。
リニューアル店舗数
オープン期新規移転改装合計
第1期(2020年3月~2021年2月)16店舗17店舗23店舗56店舗
第2期(2021年3月・4月)14店舗3店舗12店舗29店舗
合計30店舗20店舗35店舗85店舗
※2021年4月15日現在の予定のため、変更となる可能性がございます。(5月出店1店舗含む)
イオンモール京都桂川 施設概要
モール名称イオンモール京都桂川
所在地京都府京都市南区久世高田町376番1
電話番号075-921-6860(代表)
責任者イオンモール京都桂川
ゼネラルマネージャー 東 雅史(あずま まさし)
HPアドレスkyotokatsuragawa-aeonmall.com
専門店数約220店舗
核店舗イオンスタイル京都桂川
サブ核店舗イオンシネマ、東急スポーツオアシス桂川
敷地面積約 92,000m²
延床面積約214,000m²
総賃貸面積約 77,000m²
駐車台数約   3,100台
営業時間専門店 10:00~22:00
※5月5日迄、21:00閉店
2Fレストラン街11:00~23:00
※5月5日迄、20:00閉店
イオンシネマ9:00~24:00
※5月5日迄、レイトショー上映中止
イオンスタイル京都桂川(1F食品)   8:00~23:00
           (2F・3F) 9:00~23:00
休 業 日年中無休
<本件に関するお問合せ>
イオンモール株式会社 イオンモール京都桂川  075-921-6860
第2期リニューアルの特徴
2F「月の広場」周辺一体を「ホームライフ&モバイルゾーン」として一新。
当モール開業以来、地域のお客さまから多くご要望を頂いておりました「無印良品」が出店。
また、既存の携帯キャリアショップ「auショップ」、「ソフトバンク」、「ワイモバイル」に加え、
新たに「ドコモショップ」、「UQスポット」が出店、2F「月の広場」周辺一体を既存の「ジョーシン」、「ダイソー」、「ケユカ」含め、「ホームライフ&モバイルゾーン」として一新します。
「無印良品」
衣食住の約7,000品目のアイテムを展開する売場面積1,600m²の大型店として出店。
着心地の良いウェアから素材にこだわった食品、化粧水をはじめとするヘルス&ビューティー、ステーショナリー、インテリアなど暮らしまわりのすべてが揃います。
20210415-1a.jpg
※画像はすべてイメージです。
食の充実
毎日の暮らしに欠かせない「食」のコーナーでは、冷凍食品がフルラインナップで揃います。また、量り売りのお菓子や、多くのお客様にご好評いただいているカレー、バウムなどの定番のアイテムも数多く取り揃えています。
20210415-1b.jpg
(冷凍食品コーナー)
20210415-1c.jpg
(お菓子の量り売り)
様々なサービス
店内に給水機を設置し、無料で給水サービスをスタート。マイボトルをご持参いただければどなたでも気軽に飲料水を詰めることができます。また、繰り返しご利用いただける「自分で詰める水のボトル」も販売いたします。その他、店内にはセルフ式のコーヒーマシーンを設置し、ゆったりとお買い物ができる憩いの空間を提供します。
20210415-1d.jpg
(給水サービス)
20210415-1e.jpg
(セルフコーヒーマシーン/税込100円)
「モバイルゾーン」をさらに拡充

「無印良品」同様に、地域のお客さまからご要望を頂いておりました「ドコモショップ」が出店。従来のドコモショップから茶色・ベージュ色を基調とした店装となり、スマートフォン教室コーナーやドコモのモバイルバッテリーシェアなど新たなサービスの導入も行います。

UQモバイルの専門店「UQスポット」も出店し既存の携帯キャリアショップ
「auショップ」、「ソフトバンク」、「ワイモバイル」と合わせ5店舗からなる「モバイルゾーン」が誕生します。

20210415-1f.jpg
1F食品街「桂川小路」リニューアル完成

老舗ベーカリー「志津屋」や「京のお肉処弘」など地元京都の人気店を含む食のゾーン「桂川小路」に、第1期リニューアルで、イギリスで120以上の店舗を展開するカカオブランド「ホテルショコラ」、
焼鳥・惣菜・うなぎ蒲焼の専門店「日本一」、お店で手作りのシュークリーム専門店「ビアードパパ」、京都のスイーツ専門店「ガスパールザンザンはなれ」が新たに出店しました。

第2期リニューアルでは、自慢のから揚げ・名物の出汁巻きの中から、お客さま自身でお好みの味を、欲しい分だけ自由に選んで盛り付けることができる、から揚げ、出汁巻き専門店「からたま屋」が京都に初出店します。

20210415-1g.jpg
20210415-1h.jpg

開業以来、地域のお客さまから支持されている、「鮮魚・寿司たかぎ」が丸物の鮮魚や刺身、寿司に加え、魚総菜も充実させ、売場面積を約2倍に増床しリニューアルオープンします。

20210415-1i.jpg
2つのフードコートやレストラン街に京都初出店、新業態含め続々新規オープン
14店舗1,000席からなる個性豊かなフードコート

インドから直輸入したスパイスを使い本場のコックがつくるインド料理と、北海道で経験をつんだコックがつくるスープカレー専門店「スープカレーナマステ」が京都初出店。

20210415-1j.jpg
20210415-1k.jpg

「IPPUDO RAMEN EXPRESS」がメニューなどを一新して
「博多一風堂」に。国内外で人気のとんこつラーメン「赤丸」「白丸」をお楽しみ頂けます。

20210415-1l.jpg

1F食品街「桂川小路」の人気店、「京のお肉処弘」に続いて、「鮮魚・寿司たかぎ」が鮮度抜群のネタをたっぷり使った海鮮丼と寿司の専門店「鮮魚たかぎ直営 魚屋 鮨」としてフードコートに初出店。また他の店舗のメニューと一緒に楽しめる少量パック寿司やお刺身などを充実させたテイクアウトコーナーも併設し様々なご利用シーンに対応。1F食品街の精肉と鮮魚の人気店が揃って出店する個性豊かなフードコートです。

20210415-1m.jpg
カジュアルフードコートが店舗数、客席数も増加し大幅リニューアル

大人気のファストフード「マクドナルド」、「ミスタードーナツ」、「ケンタッキーフライドチキン」がならぶフードコート「カジュアルコート」に、大阪道頓堀発祥の人気ラーメン店「どうとんぼり神座」、
ビーフペッパーライスが看板メニューの「ペッパーランチ」が新たに出店します。

アイスクリーム専門店「サーティワンアイスクリーム」がリニューアルするとともに、たこ焼専門店「築地銀だこ」は1階食品街から移転リニューアル。

客席を300席から350席へ増席し、3店舗から7店舗にスケールアップした「カジュアルコート」として生まれ変わります。

20210415-1n.jpg
2Fレストラン街「洛西小路」
地元京都の人気店を含むレストラン街「洛西小路」に第1期リニューアルで、お箸で食べるスパゲッティー専門店
「洋麺屋 五右衛門」、神戸カフェのパイオニア「マザームーンカフェ」が新たに出店しました。
第2期リニューアルでは、焼きたてピッツァビュッフェでお馴染みの「ワンディッシュピッツァミール」が果物市場直送の10種類以上の新鮮フルーツが楽しめる「フルーツビュッフェ」を新たに加えたイタリアンビュッフェ「PSマリノ」としてリニューアルオープンします。
20210415-1o.jpg
(フルーツビュッフェイメージ)
ファッションやサービスショップも新たに出店
フィンランド語のmoi(こんにちは)とスウェーデン語のmoln(雲)が結合され、「こんにちは、雲!」という意味の新しい北欧テイストの子供服ブランド「モイモルン」が出店。
また、多様なコラボレーションやオリジナルデザインのアパレルショップ「グラニフ」、
アメリカで誕生したカジュアルブランド「ハッシュパピー」、
京都に本社を置くワコール発の下着セレクトショップ「ランジェノエル」が新たに出店します。
20210415-1p.jpg
お客さまとペットの幸せな暮らしをサポートする「イオンペット」が、
これまでご要望の多かった動物病院「ペテモ動物病院」を新たに導入。より幅広く、品質の高いペットのトータルケアをワンストップでご提供する地域密着型のペット専門店「ペテモ」として売場面積を約1.3倍に増床しリニューアルオープン。
また、ブランド、貴金属の買取専門店「ブランドショップドリーム」は京都初出店。
20210415-1q.jpg
施設面のリニューアル

JR桂川駅直結の2F屋外デッキ通路を「ビューティ&カフェゾーン」との一体感を持たせ、ベンチやグリーンのある新設した憩いのスペース「桂川テラス」としてリニューアル。

20210415-1r.jpg
(リニューアル前)
20210415-1s.jpg
(リニューアル後)

3Fフードコート「カジュアルコート」前に設置の
「かつらがわぱあく」を、ファミリーで楽しめるギャザリングスペースとしてリニューアル。

20210415-1t.jpg
デジタルサイネージを大幅に増設し利便性を向上

1F竹の広場には、約150インチの大型デジタルサイネージを新設、各階モール通路に計22面の単方向55インチのデジタルサイネージを新設。地域情報やイベント情報、専門店情報などを積極的に配信します。

館内のフロアマップ隣りに店舗情報やフードコートの混雑状況をリアルタイムに確認できるタッチパネル形式のフロアマップ、20インチを計18台、フードコート周辺に65インチを計3台新設。館内の利便性向上を図ります。

20210415-1u.jpg
(左:150インチサイネージ)(右:20インチフロア案内パネル)
20210415-1v.jpg
(55インチサイネージ)
20210415-1w.jpg
(65インチフロア案内パネル)
地域一番の「安全・安心」のモールを目指して
イオンは地域のお客さまとともに「イオン新型コロナウイルス防疫プロトコル(2020年6月発行、11月改定 )」を一時的な取り組みでなく継続的に実行してまいります。
防疫が生活の一部となる社会を実現し、お客さま及び従業員の健康と生活を守り、お客さまとともに地域社会の「安全・安心」な生活を守ってまいります。

今回のリニューアルにおいて、防疫対策の一環としてインフォメーションカウンター、フードコートの客席やトイレ、洗面化粧台に恒久的な仕様で新たにパーテーションを設置。非接触型検温所やアルコール消毒等の既存の設備に加え、さらに防疫対策強化を図ります。
20210415-1x.jpg
(フードコートの対面・側面のパーテーション設置)
20210415-1y.jpg
(非接触型検温所)
20210415-1z.jpg
(インフォメーションカウンター)
20210415-1z2.jpg
(洗面化粧台・トイレ)