MENU

事業紹介

イオンモール天津津南(中国)

海外事業(中国)

確かな事業基盤のもとで多店舗展開を推進しています。

中国では、2008年に海外のイオンモール1号店として「イオンモール北京国際商城」をオープンしたのち、北京・天津エリアで複数のモールを展開。
2014年から2015年にかけて、蘇州市(江蘇省)、武漢市(湖北省)、杭州市(浙江省)、広州市(広東省)に相次いで1号店を出店、2016年には河北省に1号店「イオンモール河北燕郊」をオープンしました。
さらに東部の江蘇省・浙江省エリア、長江中流域の湖北省エリア、南部の広東省エリアにおいて複数のモールを相次いでオープンし、中国での事業展開をいっそう拡大しつつあります。

成長著しい4つのエリアへ集中して出店し、各地域でドミナントを形成してきたことがブランディング強化やシェア拡大につながり、リーシングの面でも大きな効果を発揮して競争力のあるモールづくりを進めています。

いずれのモールも広い駐車場を備えてアクセスが良く、きめ細かな運営により快適にショッピングが楽しめることなどがファミリー層を中心に好評をいただいています。
中国国内でのイオンモールの認知とブランド価値をさらに高めるとともに、ローカルスタッフによるマネジメントの現地化を積極的に推進し、持続的な成長をめざします。

事業紹介

イオンモール天津津南(中国)

海外事業(中国)

確かな事業基盤のもとで多店舗展開を推進しています。

中国では、2008年に海外のイオンモール1号店として「イオンモール北京国際商城」をオープンしたのち、北京・天津エリアで複数のモールを展開。
2014年から2015年にかけて、蘇州市(江蘇省)、武漢市(湖北省)、杭州市(浙江省)、広州市(広東省)に相次いで1号店を出店、2016年には河北省に1号店「イオンモール河北燕郊」をオープンしました。
さらに東部の江蘇省・浙江省エリア、長江中流域の湖北省エリア、南部の広東省エリアにおいて複数のモールを相次いでオープンし、中国での事業展開をいっそう拡大しつつあります。

成長著しい4つのエリアへ集中して出店し、各地域でドミナントを形成してきたことがブランディング強化やシェア拡大につながり、リーシングの面でも大きな効果を発揮して競争力のあるモールづくりを進めています。

いずれのモールも広い駐車場を備えてアクセスが良く、きめ細かな運営により快適にショッピングが楽しめることなどがファミリー層を中心に好評をいただいています。
中国国内でのイオンモールの認知とブランド価値をさらに高めるとともに、ローカルスタッフによるマネジメントの現地化を積極的に推進し、持続的な成長をめざします。