本文へスキップ

2012年度 SR会計報告

イオンモールでは、2002年度よりSR(Social Responsibility)会計によって環境保全活動や社会貢献活動のコストを把握し、CSR経営における指標のひとつとしています。2012年度は投資と費用を合計した総額が2011年度比89.2%の86億4百万円となりました。
前年比減少の理由としては、2011年度は東日本大震災の影響により、事故・緊急事態予防・対応に14億44百万円の費用支出がありましたが、2012年度においてはこれらが落ち着きを見せ、5億77百万円まで減少していることが大きな要因となります。
投資については、EV(電気自動車)充電器やLED照明などの省エネ・省資源設備の導入、既存モールのリニューアル時に排水設備などの施設メンテナンスに再投資をおこなったことにより、前年比約3.3倍の額を計上しています。
また、社会貢献活動についても、震災復興支援の取り組みが落ち着きを見せたことにより、前年比減少の5億10百万円を計上しています。

■環境保全コストの主な内訳

(単位:千円)

  投資 費用
  2011年度 2012年度 前年比 2011年度 2012年度 前年比
環境関係調査費用 0 0 53,869 70,141 130.2%
環境保全資材の導入 600 8,200 1366.7% 203,595 202,509 99.5%
地球環境保全・植樹活動 131,309 129,076 98.3% 306,250 319,554 104.3%
施設メンテナンス 1,400 138,467 9890.5% 5,047,259 2,785,709 55.2%
省エネ・省資源 634,092 2,243,393 353.8% 10,813 10,956 101.3%
電気自動車充電器 1,837 46,585 2,535.5% 0 2,877
太陽光発電 64,500 42,447 65.8% 917 1,130 123.2%
LED 215,857 1,874,371 868.3% 0 0
廃棄物処理とリサイクル 0 0 1,178,288 1,272,591 108.0%
環境管理 0 6,661 67,274 324,605 482.5%
事故・緊急事態予防・対応 0 0 1,444,641 577,155 40.0%
消火器・防災機器 0 0 1,343,404 486,714 36.2%
社会貢献・福祉関連 0 4,810 564,648 510,203 90.4%
767,401 2,530,607 329.8% 8,876,636 6,073,422 68.4%

【概要】

環境関係調査費用 大店立地法届けのための調査、交通量調査、環境影響評価等
環境保全資材の導入 リサイクル建築資材、エコ消火器、再生OA用紙等
地球環境保全・植樹活動 植樹祭、育樹祭、屋上・壁面緑化、植栽管理等
施設メンテナンス 大気汚染防止、水質汚濁防止、施設メンテナンス等
省エネ・省資源 太陽光発電、LEDサイン、電気自動車への対応等
廃棄物処理とリサイクル 廃棄物処理・管理費用等
環境管理 ISO活動推進費、教育費、情報発信費等
事故・緊急事態予防・対応 防犯・防災施設、伝染病予防対策等
社会貢献・福祉関連 イオン1%拠出金、身障者駐車場、AED設置等

■投資+費用総額の年度別推移(千円)

投資+費用総額の年度別推移(千円)図を拡大

期間:2012年2月21日~2013年2月20日
範囲:イオンモール(株)ISO14001 適用範囲内とする

(1) 複合コスト 環境目的以外のコストと結合している場合についても、原則として全額計上しています。
(2) 人件費 イオンモール従業員の人件費は原則として計上していません。ただし「施設メンテナンス」「廃棄物処理とリサイクル」は人件費を計上しています。
(3) 投資 期中に発生した環境負荷低減の関連機器および施設への投資額で計上しています。(リース契約の場合は、費用に計上)
導入後、移管もしくは変動したものも導入時の金額が判明している場合は投資として計上しています。(氷畜熱システムなど)
(4) 減価償却費 減価償却費は計上していません。
ページトップへ