本文へスキップ

特集 これからの社会を見据えたまちづくり

特集 これからの社会を見据えたまちづくり 新世代モールの起点1.イオンモール幕張新都心

首都圏広域対応型のフラッグシップモール イオンモール幕張新都心 (千葉県千葉市 2013年12月オープン)

イオンモール幕張新都心
CONCEPT 夢中が生まれる場所。

人生がもっと充実する「夢中」になれる“コト”に出会い、 新たな欲しい“モノ”を発見する。 自分のこだわりを満たすことで、さらに「夢中」が広がっていく。
10の「夢中構想」
イオンモール幕張新都心は、プロジェクトの構想として、大きく10の要素から構成される「夢中構想」を掲げ、さまざまな「夢中」が生まれ続けるモールとなることをめざします。
10の「夢中構想」

ZONING PLAN 〜広大な敷地を活かし、棟ごとにテーマを与えて機能を集積〜

訪れるたびに出会える、新しい体験。ここからライフスタイルが豊かに広がります。

ここでしかできない体験が目白押し
ここでしかできない体験が目白押

親子や3世代で楽しめて、食生活提案型カフェも併設する職業体験型テーマパーク「Kandu® (カンドゥー)」が日本初上陸。お笑いライブなどさまざなイベントを行う「(仮称)よしもと幕張新都心劇場」もオープンします。

地域と連携したコト体験が充実
地域と連携したコト体験が充実

どなたでも気軽に参加できる自転車のレースイベントなど、地域との密接な連携で従来の商業施設の枠を超えた大型イベントを実施。このほかにも地域と協力したさまざまな取り組みを企画しています。

戻る 次へ
  • モノ離れが進む時代
  • 心を満たす「かたちのないもの」
  • モノからコトへ
  • ニーズの変化を的確に捉える
  • くらしの可能性を広げる商業施設へ
  • 皆さんに聞いてみました(1)
  • 皆さんに聞いてみました(2)
  • 新世代モールの起点(1)
  • 新世代モールの起点(2)
  • 新世代モールの起点(3)
ページトップへ