イオンモール CSRレポート2017
39/52

トップメッセージ会社概要ニューモールCSRトピックス特 集1特 集2特 集3CSRの5つの柱地域とともにパートナーとの協力社員の職場環境モールの安全管理環境への配慮ガバナンス第三者意見データ集会計報告トップメッセージ会社概要ニューモールCSRトピックス特 集1特 集2特 集3CSRの5つの柱地域とともにパートナーとの協力社員の職場環境モールの安全管理ガバナンス第三者意見データ集会計報告いきもの共生事業所®認証は、「一般社団法人 企業と生物多様性イニシアティブ(JBIB)」が作成・登録した「いきもの共生事業所®推進ガイドライン」に基づき、生物多様性に配慮した緑地づくりなどの取り組みを「いきもの共生事業推進協議会」が第三者的に評価・認証するものです。2013年にイオンモール東員(三重県)が初めて認証されて以来、認証取得モールは順次増加し、2016年度にオープンしたモールではイオンモール堺鉄砲町(大阪府)とイオンモール長久手(愛知県)が認証を取得し、合計6モールとなりました。イオンモールでは他の商業施設に先駆けて太陽光発電システムを順次導入し、館内の使用電力の一部をまかなっています。一部のモールでは、災害などによる停電時にも太陽光パネルで発電した電力を活用できるシステムを採用しています。 自然の力を利用した取り組み1991年にマレーシアでスタートした「イオン ふるさとの森づくり」。新しいモールがオープンする際には、地域の自然環境に最も適した、その土地に自生する樹木をお客さまとともに植えています。2017年2月末現在、累計植樹本数は約1,140万本(グループ合計)に達しています。イオン ふるさとの森づくり「いきもの共生事業所®」 認証取得モールの拡大太陽光発電 一部のモールには、風力発電と太陽光発電によるクリーンエネルギーのハイブリッド太陽灯を設置しています。夜間や日照時間の短い冬季でも安定した充電を確保し、災害時でも自然エネルギーのみで終夜点灯が可能です。風力の活用モール壁面の緑化は景観を向上するだけでなく、建物の断熱性を高めることで夏季の館内における温度上昇を抑制し、冷房で使用するエネルギーの削減につながります。また、各モールの周辺には随所に緑豊かな植栽を施し、自然との調和を図るとともに、うるおいのある憩いの空間を演出しています。壁面緑化/植栽▲イオンモール常滑の敷地に広がる森「きゅりお」では、25の巣箱を設置して知多半島に生息する野鳥を呼び込んでいます。2017 AEON MALL CSR 39

元のページ  ../index.html#39

このブックを見る