イオンモール CSRレポート2017
37/52

トップメッセージ会社概要ニューモールCSRトピックス特 集1特 集2特 集3CSRの5つの柱地域とともにパートナーとの協力社員の職場環境モールの安全管理環境への配慮ガバナンス第三者意見データ集会計報告トップメッセージ会社概要ニューモールCSRトピックス特 集1特 集2特 集3CSRの5つの柱地域とともにパートナーとの協力社員の職場環境環境への配慮ガバナンス第三者意見データ集会計報告2016年6月から12月にかけて、公益財団法人ボーイスカウト日本連盟、イオン株式会社ならびに当社の主催で、47都道府県・60拠点のイオングループ商業施設で「全国防災キャラバン」を開催しました。ボーイスカウト日本連盟の協力のもと、地域の未来を担うお子さまとその保護者の方を対象に、有事の際に役立つ「防災」に関する知識やスキルを得ていただくことを目的としたイベントです。「そなえよつねに」を合言葉に、防災用品の選択、応急救護の体験、ロープワークの体験など、実践的なプログラムを実施しました。ボーイスカウト日本連盟と協力した「全国防災キャラバン」を実施国内のモールの大半が、防災活動への協力などに関する協定書を地方行政と締結しています。2016年12月にオープンしたイオンモール長久手は、長久手市と「災害時における被災者に対する防災活動協力に関する協定」を締結。災害時は被災者にモールの駐車場を一時避難場所として提供することや水道水・トイレなどを利用いただくこと、また市の防災訓練に協力することなどを取り決めました。防災協定の締結2016年6月、イオンモール高知で東南海地震を想定したイオングループ総合防災訓練を実施しました。和歌山県南方沖の南海トラフでマグニチュード8.4の地震が発生し、近畿や中四国地方を中心に最大震度7の揺れを観測したという想定で、同モールでは約300名が参加して避難誘導訓練を実施。また、イオングループの危機管理専門部署であるイオン小牧危機管理センター(愛知県)およびイオンタワー防災対策本部(千葉県)で災害情報収集訓練を中心に実施し、グループ全体で被災地支援の連携も確認しました。グループ総合防災訓練の実施イオンモール高知(高知県)専門店従業員を中心に、エレベーターやエスカレーターを使わずにお客さまを駐車場の高層階へ誘導する経路を確認しました。館内では日本赤十字社による心臓マッサージやAED(自動体外式除細動器)の使用方法に関する講習が行われました。陸上自衛隊の炊事車、水トレーラーによる白米の炊き出しでカレーライスをお客さまに提供。自衛隊車両の展示も行われました。熊本地震でもお役立ていただいた緊急避難用大型エアテント(バルーンシェルター)を設営しました。誘導経路の確認炊き出しの提供AED講習バルーンシェルター設営2017 AEON MALL CSR 37

元のページ  ../index.html#37

このブックを見る