イオンモール CSRレポート2017
32/52

モール内のショップにふさわしく、明るくやさしい色づかいの店舗になりました。広くはありませんが、そのぶんお客さまとの距離感が近いですね。アレルギー成分を含まないお菓子を買いに来るお子さま連れのお母さま、アクセサリーを探しに来る若い女性、学校帰りの中高生など、幅広い層のお客さまと出会うことができています。どんどん外に活動を発信して、企業とのつながりなども持てたらいいと考えています。地域の障がい者施設が生産する授産品を販売する場がなくて困っていたところ、イオンモール堺鉄砲町がオープンする際にお声がけをいただき、新たに出店できました。お客さまが気軽に立ち寄り、活動を広く知っていただく拠点ができたことで、商品を作る事業所のみなさまもこれまで以上に張り切っています。イオンモールさんには、さまざまな面で店舗運営のサポートをいただいています。地域の障がい者施設が生産する授産品を販売する場がなくて困っていたところ、イオンモール堺鉄砲町がオープンする際にお声がけをいただき、新たに出店できました。お客さまが気軽に立ち寄り、活動を広く知っていただく拠点ができたことで、商品を作る事業所のみなさまもこれまで以上に張り切っています。イオンモールさんには、さまざまな面で店舗運営のサポートをいただいています。地域とともにパートナーとの協力モールの安全管理環境への配慮社員の職場環境健全で良好なパートナーシップの推進私たちはこれからもパートナーと一緒に、普遍の倫理に基づき、さまざまな国の商習慣にも配慮しつつ健全で一層強固な協力関係を築きます。イオングループの商業施設にご出店いただいている専門店を会員として組織される「イオン同友店会」では、2016年6月に「ダイバーシティ推進部会」を新設しました。イオングループの商業施設を同友店のスタッフが働きやすい職場とし、ライフステージが変わっても働き続けやすい環境にすることを目的とするもので、委員は専門店と当社関連部署から約半数ずつ選出され、定期的に部会を実施しています。一人でも食事やリフレッシュができるように、休憩室のテーブルに適度な間仕切りやUSBジャックを設けました。従業員のご家族も割引や各種サービスが受けられる「ファミリーカード」を全従業員に配布しています。ゆとりをもって仕事の準備ができるよう、女性用のパウダールームや男女別のリラックスルームを設置しました。同じ館内に小さなお子さまを預けて安心して働ける「イオンゆめみらい保育園」(P35参照)を設置しました。2016年3月にオープンしたイオンモール堺鉄砲町。その一角にある福祉アンテナショップ「Passer(パッセ)」は、堺市にある約30の障がい者施設(事業所)の共同運営で、雑貨を中心にお菓子、縫製品、アクセサリー、小物などを販売しています。堺市健康福祉局 障害福祉部 障害者支援課 生活基盤推進係 副主査 河瀬 桂子様障がい者施設が共同運営する専門店がオープンイオンモール堺鉄砲町(大阪府)部会で決定された取り組み施策の一部を、2016年12月にオープンしたイオンモール長久手において具現化しました。同友店従業員の職場環境向上のために休憩室の充実家族特典の提供パウダールーム・リラックスルームの設置育児サポートPasser(パッセ)店長 宇田 明日香様AEON MALL CSR5つの柱2017 AEON MALL CSR 32

元のページ  ../index.html#32

このブックを見る