イオンモール CSRレポート2017
16/52

地域とともにパートナーとの協力モールの安全管理環境への配慮社員の職場環境主に手作りで製造され、日常生活で使われてきた工芸品の中から経済産業大臣が指定する「伝統的工芸品」。その魅力を身近に感じていただくために4モールで「伝統的工芸品展」を開催しました。展示販売や映像紹介のほか、友禅千代紙を用いた工作やお茶の淹れ方のワークショップなどを体験していただきました。声帯ポリープで一時的に声が出なくなった経験が手話を覚えるきっかけになりました。友達になった聴力障がい者にも落語をわかってほしい、笑ってほしいと思って手話落語をはじめてみたところ、おかげさまで少しずつ評判になって応援をいただけるようになりました。聞こえない方に楽しんでいただくとともに、健常者の方にも手話を広く浸透させたいと願っていますので、全国各地のイオンモールにお招きいただけるのは本当にありがたいことです。みなさまが興味を持ってくださって、「見る言葉」として少しずつでも手話を使える世の中になったらいいなと思います。2020年の東京オリンピックで、「パラリン寄席」として世界に手話落語の文化を発信するのが私の夢なんです。「イオンモール落語」の実施③地域と心ひとつに、 世界に誇るイベントを多様化する地域貢献多くのお客さまにお集まりいただき、情報発信の拠点として機能するイオンモール。知らなかった世界にふれるきっかけや新しい体験を通して、地域のみなさまの日々を豊かにします。特集12013年から開催している「イオンモール落語」は、桂福團治師匠一門が全国のモールを巡回してお客さまに古典落語・手話落語をお楽しみいただくイベントで、各地でたいへんご好評をいただいています。今年度はイオンモール沖縄ライカムで開催した際にイギリス出身の女性落語家・ダイアン吉日さんをゲストに迎えて初めて英語の落語を実施しました。また、出張公演として6校の小学校を訪ねて子どもたちに落語文化や手話にふれていただく機会をご提供しました。2017年度は出張公演を約10校に拡大予定です。誰もが手話に親しめる社会をめざして4代目 桂 福團治様「伝統的工芸品展」を開催2017 AEON MALL CSR 16

元のページ  ../index.html#16

このブックを見る