イオンモール CSRレポート2017
12/52

イオングループでは、身も心も豊かに暮らせるまちづくりをめざす「ヘルス&ウエルネス」の理念を掲げており、当社では全国のモールで地域の方々の健康的な暮らしのためにさまざまなアプローチを模索しています。中でも、大規模な商業施設を有効に活用する取り組みとして「モールウォーキング」の活動を本格化しています。地域のお客さまの健康拠点として、健康の基本「歩く」をテーマに、天候に左右されない安全なモール館内での各種ウォーキング教室や、モール周辺の心地よい環境でのまち歩きなどを地域ごとに実施しています。2016年度は約30モールで実施し、「モールウォーキング」として今後は本格的に全国のモールに拡大する予定です。グループ各社と連携した「イオン健康ポイント」の付与も2016年度は全国の自治体さまと連携し10拠点で開催し、2017年度はさらに拡大予定です。青森県では産官学連携による生活習慣予防モデルの効果検証なども実施しており、今後もお客さまの健康増進の拠点としてさまざまな取り組みを続けてまいります。館内外に歩きやすいコースを設定し、一定間隔で距離やカロリー計算の指標となるサインを設置するなどハード面の環境を整えるとともに、たとえばタレントさんやスポーツ選手を招待して新しいお客さまがウォーキングに参加するきっかけにしていただくなど、プランニングの面からもサポートしています。また、精神的な幸福感も追求するヘルス&ウエルネスの理念を実践するために、お笑いや落語を楽しんでいただいたり(P16参照)、イオンホールで照明を落としてヒーリングミュージックを聴くイベントを開催するなど、文化・芸術の振興も推進しています。健康を増進するモールウォーキング①ヘルス&ウエルネス~地域住民の健やかな生活のために~多様化する地域貢献お客さまの心身ともに豊かな暮らしのためにイオングループが取り組む「ヘルス&ウエルネス」。当社でも広い商業施設を有効に活用した新たな取り組みを始めています。特集1デジタル推進プロジェクトリーダー 兼 ヘルス&ウエルネス推進プロジェクトリーダー石井 広幸営業本部 マーケティング統括部 イベントプランニング部 部長兼 体験創生プロジェクト宮嶋 佐知子イオンモールを地域の健康拠点に体と心の両面から健康をサポート地域とともにパートナーとの協力モールの安全管理環境への配慮社員の職場環境2017 AEON MALL CSR 12

元のページ  ../index.html#12

このブックを見る