イオンモール CSRレポート2017
10/52

大阪府が主催する「おおさかストップ温暖化賞」は、地球温暖化防止対策やヒートアイランド現象の緩和対策、電気需要の平準化対策の普及促進を目的に、事業活動で優れた取り組みを実施した事業者を表彰するものです。当社は府下6モールで温室効果ガス総排出量の前年度比削減率6.3%(原単位ベース)を達成した実績が評価され、2年連続で優秀賞を受賞しました。2016年3月にオープンしたイオンモール堺鉄砲町で官民協働の取り組みとして運用を開始した「下水再生水高度複合利用システム」は、夏は冷たく冬は温かい下水再生水を施設内の給湯や空調の熱源として活用するとともに、熱源として利用した下水再生水を膜処理装置で処理して敷地内の「せせらぎ水路」やトイレの洗浄水に利用するものです。下水再生水を同一の施設内で給湯と空調の熱源として利用する事例および下水再生水を熱源と水源に複合利用する全国初の事例として注目を集め、各方面から視察などをいただいています。CSR Topics2016-2017当社は「人と環境に配慮したモールづくり」をめざし、ハード/ソフトの両面から先進的な取り組みを導入してまいりました。本年度も国内・海外の各機関より高い評価をいただいています。ABINC(一般社団法人いきもの共生事業推進協議会)が、特にABINCの普及啓発や生物多様性の主流化への貢献度が高い施設を対象として表彰するために創設した第1回ABINC表彰制度において、イオンモール多摩平の森(東京都)が都市SC版の特別賞を受賞しました。「事業的な制約がある中で実施された各種の取り組みは、大型商業施設における生物多様性保全の可能性に取り組んだパイオニア的な事例である」と高く評価されました。第1回ABINC表彰 特別賞を受賞イオンモール多摩平の森(東京都)国際ショッピングセンター協会(ICSC)が主催する2016年アジア太平洋ショッピングセンターアワードのデザイン開発・新規開発部門において、イオンモール沖縄ライカム(沖縄県)が銀賞を受賞しました。このアワードは施設の優れたデザインや開発計画、開業後の施設運営・業績などを含めて総合的に評価されたものです。アジア太平洋ショッピングセンターアワード 銀賞を受賞イオンモール沖縄ライカム(沖縄県)日本初のシステムを導入し、おおさかストップ温暖化賞 優秀賞を2年連続で受賞2017 AEON MALL CSR 10

元のページ  ../index.html#10

このブックを見る