本文へスキップ

CSR・環境活動

イオンモール CSRレポート 未来への報告書2016

GLOBALIZATION-2

特集3 海外におけるCSR アセアン各国での展開

ベトナム、カンボジアに続き、インドネシアの1号店として首都ジャカルタ郊外にエリア最大級のショッピングモール「イオンモールBSD CITY」をオープン。
また、ベトナムで3番目となるイオンモールが首都ハノイにオープンしました。

事例1イオンモール ロンビエン(2015年10月28日オープン)
ベトナムの首都に、初めてのイオンモール オープン

2015年10月、首都ハノイに初めてオープンしたベトナム3号店、イオンモール ロンビエン。ハノイ市の中心部にあるホアンキエム湖より東に約5km、道路整備や住宅開発が進む新興住宅エリアに約180の専門店が集結しました。ベトナム国内最大級のシネマコンプレックス、ハノイ最大級のこども室内遊園地、ボーリングなど幅広い世代が楽しめるエンターテイメンが充実するほか、さまざまなシーンに対応する食の場を提供。「Japanese Heart , Vietnamese Smile」をコンセプトに、心のこもった最高のおもてなしでお客さまをお迎えします。

宮城県の魅力をベトナムの皆さまにご紹介。
「Miyagi Shop」がオープン

宮城県産品の販路拡大を目的に、イオンモール ロンビエンに期間限定で宮城県のアンテナショップをオープンしました。水産加工品やお米、お菓子などを販売しています。輸入が制限される食品があるなど課題はありますが、今後も積極的にさまざまな地域の物産展などを開催し、日本の魅力をPRしてまいります。

ページトップへ