本文へスキップ

イオンモール大牟田

>東北エリア

>イオンモールつがる柏

>イオンモール下田

>イオンモール盛岡

>イオンモール名取

>イオンモール秋田

>関東・甲信越エリア

>イオンモール水戸内原

>イオンモールつくば

>イオンモール太田

>イオンモール高崎

>イオンモール川口前川

>イオンモール川口

>イオンモール羽生

>イオンレイクタウンkaze

>イオンモール春日部

>ショッピングセンター ソヨカ ふじみ野

>イオンモール富津

>イオンモール成田

>イオンモール千葉ニュータウン

>イオンモールむさし村山

>イオンモール日の出

>イオンモール大和

>イオンモール甲府昭和

>北陸・中部エリア

>イオンモール高岡

>イオンモール浜松志都呂

>イオンモール新瑞橋

>イオンモール岡崎

>イオンモール東浦

>イオンモール木曽川

>mozo wondercity

>イオンモール鈴鹿

>近畿エリア

>イオンモール草津

>イオンモール京都五条

>イオンモールKYOTO

>イオンモール藤井寺

>イオンモール寝屋川

>イオンモール堺北花田

>イオンモールりんくう泉南

>イオンモール鶴見緑地

>イオンモール伊丹

>イオンモール神戸北

>神戸ハーバーランドumie

>イオンモール橿原

>イオンモール大和郡山

>ならファミリー

>中国エリア

>イオンモール倉敷

>イオンモール広島府中

>イオンモール広島祇園

>広島段原ショッピングセンター

>四国エリア

>イオンモール新居浜

>イオンモール高知

>九州エリア

>イオンモール福岡

>イオンモール直方

>イオンモール筑紫野

>イオンモール大牟田

>イオンモール福津

>イオンモール熊本

>イオンモール宇城

>イオンモール三光

>イオンモール宮崎

>イオンモール都城駅前

>海外エリア

>イオンモール北京国際商城

>イオンモール天津TEDA

>イオンモール天津中北

>これまでの各モールの取り組み

>サイトレポート2012

>サイトレポート2011

>サイトレポート2010

>サイトレポート2009

>サイトレポート2008

>サイトレポート2007

>サイトレポート2006

開店日:2011年3月18日
〒836-0037
福岡県大牟田市岬町3-4
TEL:0944-41-0600

モールのホームページへ

イオンモール大牟田
Contents
  • モールの紹介
  • TOPICS イベント&社会貢献活動
  • モール環境関連データ

■ モールの紹介

ゼネラルマネージャー 政次 義人ゼネラルマネージャー
政次 義人

イオンモール大牟田は、かつて炭鉱で栄えた福岡県大牟田市にあります。有明海沿岸道路の大牟田ICに隣接する岬町地区は、大牟田市の商業集積地として今後発展するエリアです。シネマコンプレックス「セントラルシネマ」を核に140の専門店で構成され、フードコートには炭鉱跡のレンガ造りや旧三井港倶楽部などをモチーフとした昭和レトロなデザインを施し、有明海に因み「ありあけコート」と名づけました。隣接地には2014年春に帝京大学の福岡キャンパスが開校し、ますます賑わいを増す見込みです。大蛇山まつりなどの地域事業へも積極的に参加し、地域社会活動に努めています。「やさしさとにぎわいをこのまちから」 というコンセプトのもと、地域とともに歩んでいきます。

トップに戻る

■ TOPICS イベント&社会貢献活動

クリーン&グリーン活動

クリーン&グリーン活動

[毎月11日] 参加人数414人 回収量77kg 

献血活動

献血活動

献血実施人数879人

大蛇山WAON贈呈式

[2012年 3月] 地域に密着した活動のひとつとして、ご利用金額の一部が大牟田市まちづくり基金に寄付される「おおむた大蛇山WAONカード」を発行しています。このたび贈呈式を行い99万5千円を寄付いたしました。

「イエローレシート」贈呈式

[2012年 4月] 「イオン幸せの黄色いレシート」にご参画いただいている10の団体へ、投函レシート金額に応じて、総額14万円相当額のオレンジギフトカードを進呈しました。

東日本大震災復興支援 第10回西日本中学駅伝 東日本大震災復興支援 第10回西日本中学駅伝

東日本大震災復興支援 第10回西日本中学駅伝

[2013年2月3日] 当モール内にスタートおよびゴール地点を設け、約2,500名が参加して第10回西日本中学駅伝が開催されました。館内放送でご案内したことで応援していただいたお客さまは約8,000人にものぼり、また専門店スタッフも駆けつけるなど、活気づきました。パンフレット販売などで得られた本大会の収益240,000円はすべて、東日本大震災復興支援プロジェクトおおむたに寄付されました。
トップに戻る
ページトップへ