本文へスキップ
>東北エリア

>イオンモールつがる柏

>イオンモール下田

>イオンモール秋田

>イオンモール盛岡

>イオンモール名取

>関東・甲信越エリア

>イオンモール太田

>イオンモール高崎

>イオンモール水戸内原

>イオンモール川口

>イオンモール川口前川

>イオンモール羽生

>イオンレイクタウンkaze

>イオンモールむさし村山

>イオンモール日の出

>イオンモール大和

>イオンモール富津

>イオンモール成田

>イオンモール千葉ニュータウン

>イオンモール甲府昭和

>soyocaふじみ野

>北陸・中部エリア

>イオンモール高岡

>イオンモール浜松志都呂

>イオンモール岡崎

>イオンモール東浦

>イオンモール木曽川

>イオンモール鈴鹿

>イオンモール新瑞橋

>mozo wondercity

>近畿エリア

>イオンモール草津

>イオンモール京都五条

>イオンモールKYOTO

>イオンモール橿原

>ならファミリー

>イオンモール藤井寺

>イオンモール寝屋川

>イオンモール堺北花田

>イオンモールりんくう泉南

>イオンモール鶴見緑地

>イオンモール伊丹

>イオンモール神戸北

>イオンモール大和郡山

>中国エリア

>イオンモール倉敷

>イオンモール広島府中

>イオンモール広島祇園

>広島段原ショッピングセンター

>四国エリア

>イオンモール新居浜

>イオンモール高知

>九州エリア

>イオンモール福岡

>イオンモール直方

>イオンモール筑紫野

>イオンモール三光

>イオンモール熊本

>イオンモール宇城

>イオンモール宮崎

>イオンモール都城駅前

>イオンモール大牟田

>イオンモール福津

>海外エリア

>イオンモール北京国際商城

>イオンモール天津TEDA

>イオンモール天津中北

>各モールのデータ一覧表
>これまでの各モールの取り組み

>サイトレポート2011

>サイトレポート2010

>サイトレポート2009

>サイトレポート2008

>サイトレポート2007

>サイトレポート2006

イオンモール 鶴見緑地

開店日:2006年11月25日
〒538-0053
大阪府大阪市鶴見区鶴見4-17-1
TEL:06-6915-8600

モールのホームページへ

イオンモール 鶴見緑地
Contents
  • モールの紹介
  • TOPICS イベント&社会貢献活動
  • モール環境関連データ

■ モールの紹介

ゼネラルマネージャー 中谷 宜弘ゼネラルマネージャー
中谷 宜弘

イオンモール鶴見緑地は、自動車で10分圏に約80万人、30代ファミリー層の居住が多い恵まれた立地にあり、イオンを核店舗として約160の専門店を展開しています。オープンして6年目となりますが、お客さまの数も年々増えており、2011年度は年間の延べ来館客数が約1,250万人、延べ駐車台数も200万台とご愛顧をいただいています。今後も地域の方が「毎日行きたい」と思うショッピングモールづくりを推進してまいります。

トップに戻る

■ TOPICS イベント&社会貢献活動

[毎月11日]

クリーン&グリーン活動

毎月11日にイオンモール鶴見緑地に勤める従業員がモール周辺道路や公園の清掃活動を行っています。
[毎月第3土曜日]

献血活動

16番出入口外(イオン北側入口)にて献血を実施しています。「毎月第3土曜日は鶴見緑地で献血」をスローガンに地域のお客さまに協力を呼びかけています。2012年度は5月現在で開催回数4回、献血申込者数191名、献血者数152名、献血量61リットルになりました。
[2012年度~]

EV(電気自動車)ステーション

「循環型社会」形成をめざし、CO2 削減の一環として大阪府と協同でEV普及事業に積極的に取り組んでいます。

EVの乗車

[2012年度~]

EVの乗車

EVタクシー利用促進のため、環境省による平成24年度地球温暖化対策技術開発・実証研究事業「EVタクシーの実用化促進と運用方法確立のための実証研究」に参画しました。本事業において、EVタクシー呼出専用端末を1階インフォメーションコーナーに設置し、EVタクシーの普及促進による温室効果ガス排出量削減をめざしています。

EVの運転

[2012年度~]

EVの運転

お客さまにお気軽にご乗車いただけるよう、EVステーション内のオリックスカーシェアに日産リーフを2台設置しています。

EVの利用

[2012年度~]

EVの利用

現在EVをご利用いただいているお客さまのために、EVステーションに急速充電器1台を大阪府との共同事業として設置しています。地域社会とともに環境意識を高め、ゼロエミッションモールの実現に貢献し続けます。

観光地情報発信への取り組み

[1月、2月、6月、11月、12月]

観光地情報発信への取り組み

各都道府県や地域の観光協会による地域情報の発信、地域活性化を目的としたイベントや告知などを積極的に行っています。具体的には、鹿児島県・鳥取県・岐阜県・下呂温泉観光協会などの魅力をお客さまにアピールしました。また外国人観光客を積極的に受け入れ、より良いお買い回り環境づくりにも力を入れています。添乗員の方の口コミなどにより、中国・韓国・フィリピンなど多くの外国人のお客さまが来店されています。

ひったくり防止キャンペーン

[1月、3月、10月]

ひったくり防止キャンペーン

鶴見警察署によるひったくり被害防止を呼びかけるキャンペーンを開催。会場ではひったくり防止カバーの無料取り付けなどを実施しました。
[1月、3月]

ナンバープレート盗難防止ネジ普及キャンペーン

大阪府警察本部によるナンバープレートの盗難防止キャンペーンを開催しました。希望されたお客さまの車に無料で盗難防止ネジを取り付けました。

防火・防災図画展

[1月13~19日]

防火・防災図画展

鶴見消防署の主催で、鶴見区内の小学生が夏休みに描いた消防車や救急車などの絵の図画展を開催しました。
[4月]

街頭交通安全指導キャンペーン

「春の全国交通安全運転」を推進するため、鶴見警察署による交通安全指導を実施。自転車の安全点検、シートベルト完全装着の指導、飲酒体験ゴーグルの疑似体験などを通じ、飲酒運転の根絶を呼びかけました。
[2月、3月、5月、6月、8月、12月]

国連UNHCR協会「10,000シェルタープロジェクト」キャンペーン

UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の活動として、難民生活の実情を理解いただくため「10,000シェルタープロジェクト」の支援を募るキャンペーンを実施しました。支援現場で実際に使用されているシェルターを関西で初めて展示したほか、活動を紹介したDVDの放映や写真パネル、支援物資の展示を行い、広く理解を求めました。協力の取り組みに対し、国連UNHCR協会より感謝状を授与されました。
[2月、6月]

ママが楽しみ、チャレンジする手作り市“マルシェ・ド・ママン”

ママが心をこめて手作りした雑貨や洋服など、お洒落なショップが30ブース勢揃いの1日限りのマルシェ(市)を開催。ママはもちろん、キッズやパパも、家族みんなで楽しんでいただいたイベントです。
[2月6~12日]

人権フォトコンテスト入選作品展示会

大阪市の主催で、「生きる」をテーマに人権をイメージした写真展を開催しました。
[3月10日]

防災講習会

鶴見区役所による、防災に関する事前準備や災害時の対応に関する講習会を開催しました。
[3月17、18日]

医療的ケア写真パネル展“笑顔かがやけ!ぼくらの未来”

医療的ケアに関する写真パネルや必要な機器類の展示を通じて、重い障害をもって地域で生きる人たち、特に生きていくために「医療的ケアが必要な人たちへの認知向上を図るイベントを開催しました。
[3月、9月、10月、12月]

ハートtoハートバザール

大阪府社会福祉協議会の主催で、障がいを持った方たちが作った革製品や布製品をはじめとした商品を販売するバザーを開催しました。
[4月]

ヘルスコープ健康診断

コープおおさか病院による心拍数測定や簡単な健康診断のほか、相談会も実施しました。
[5月25、26、27日]

里親啓発イベント

大阪市が行う里親委託推進事業に基づき、里親制度の認知・理解を深めていただけるよう、楽しいステージイベントやパネル展示を通じて、啓発イベントを開催しました。
[6月1~7日]

鶴見小学校生涯学習ルーム写真部「写真展」

鶴見小学校生涯学習ルーム写真部による写真作品展を開催しました。

鶴見楽写会「写真展」

[6月8~14日]

鶴見楽写会「写真展」

鶴見区在住の写真愛好家を中心とした写真作品の展示会を開催しました。
[6月10日]

高齢者のための出張相談会

高齢者が住み慣れた地域で尊厳あるその人らしい生活を継続することができるよう、鶴見区西部地域包括支援センターが、さまざまな悩みに答える相談会を開催しました。

24時間テレビチャリティイベント

[8月]

24時間テレビチャリティイベント

地域団体によるステージ発表(キッズチア・歌やダンス、ゴスペルなど)や専門店協賛によるチャリティオークションを開催。収益金は全額24時間テレビチャリティ募金に寄付しました。
[10月]

反射材普及啓発活動

鶴見警察署により、高齢者の靴のかかと部分に反射材を貼り付け、交通事故防止を啓発するキャンペーンを開催しました。

鶴見商業高校つるりっぷパン販売会

[10月]

鶴見商業高校つるりっぷパン販売会

10月22日(土)・30日(日)・11月5日(土)に初の取り組みとして、地元の大阪市鶴見商業高校の生徒達による「鶴見区名物つるりっぷパン」の販売会を実施。22日(土)準備数750個完売、30日(日)準備数800個完売、5日(土)準備数500個が完売するなど、地域とつながりを持った企画にお客さまの反応は高く、大阪日日新聞朝刊にも記事が掲載されました。
[12月]

第63回人権週間セレモニー

大阪法務局・大阪府人権擁護委員連合会主催による第63回人権週間セレモニーを開催しました。オペラ「カルメン」の演奏やオリックス・バファローズの選手が一日人権擁護委員としてトークショーを開催しました。

大阪市消費者センター「エルちゃんがやってくる!」

[12月]

大阪市消費者センター「エルちゃんがやってくる!」

悪徳商法の手口などを紹介し、騙されない知識を持ってもらうイベントを開催。「エルちゃんファミリーの楽しいミュージカル」や「○×ゲーム大会」「マジックショー」など実施しました。
[12月]

クリスマスチャリティイベント

地域団体によるステージ発表(キッズチア・歌やダンス、ゴスペルなど)や専門店協賛によるチャリティオークションを開催。収益金は全額「財団法人 日本ユニセフ協会」に寄付しました。
[12月23日]

ユニセフ ハンド・イン・ハンド募金

開発途上国では1年間に810万人もの幼い子どもたちが、簡単に予防できる病気で命を失っています。すべての子どもの生存・保護・発達が守られるよう募金活動を実施しました。
トップに戻る
ページトップへ