特別企画:社外役員座談会

多様な価値観を経営に反映させて
持続的成長と企業価値向上の実現を

企業価値向上のための課題

多様な人材を積極的に活用し
新たなビジネスモデルの創造へ

――最後に、イオンモールがこれから企業価値を向上させていくために取り組むべき課題について、ご意見をお聞かせください。

平真美氏と河端政夫氏の写真

私が一番気になっている課題は、やはり人材面です。イオンモールの最大の強みは、「小売業をルーツとするデベロッパー」であり、お客さまの目線を大切にする姿勢が事業の隅々まで浸透していることす。しかし、事業規模が急激に拡大していく中で、これからもそのDNAを継承していけるのか?それを失ったら普通のデベロッパーになってしまうのではないか?という心配を抱いています。そこで、例えばイオンリテールやイオンフィナンシャルといったイオングループ間での積極的な人材交流などを通じて、幅広い知識、多角的な視点を備えた人材を育成していただきたいと思います。

河端そうした人材育成に加えて、経営戦略部門の強化が必要ではないかと考えています。もちろん現在も経営戦略部門が事業戦略を日々検討しているわけですが、ビジネス環境そのものが大きく変化する中で、従来の延長線上にあるビジネスモデルで持続的に成長していけるのか?新しいビジネスモデルの創造が求められる時期に来ているのではないか?そんな中長期的な成長戦略の検討に、これまで以上に真剣に取り組む必要があると思います。

市毛私がお願いしたいのはダイバーシティの強化です。お客さまのライフスタイルやテナントの業態がどんどん多様化していく中で、多様な価値観をもっともっと積極的に経営の中に採り入れていく必要があると感じています。当社は、千葉県に本社を置く企業として最初に女性活用推進法に関する優良企業の認定を受けるなどダイバーシティ推進で高く評価されていますが、今後も女性の管理職比率をさらに高めるなどして、女性の視点を経営に活かして欲しいと思います。また、海外で活躍している優秀なローカル人材の意見を汲み上げて、日本における意思決定も活かしていける仕組みがあれば、より多様な価値観を反映させた経営判断ができるのではないでしょうか。

村松私は先日監査役を拝命したばかりですので、具体的な話は申しあげられませんが、本日は皆さんのさまざまなご意見をうかがって大変勉強になりました。皆さんと一緒に社外監査役としての責務を果たせるよう努力していきます。

鈴木本日は貴重なお話をありがとうございます。これからもこうした意見をどんどん経営側に投げかけることによって、イオンモールの企業価値向上に貢献していきたいと思います。

座談会の様子