CSRの取り組み

地域から環境へ、環境保全の推進

私たちは環境負荷を最小限に抑える最新の技術を導入し、地域の生態系を守る仕組みを
つくり、省エネや廃棄物管理の徹底をすることで、自然と調和したまちづくりを推進します。

先進的なエコモールをめざして

「スマートイオン」の展開

スマートイオンとはエネルギーの効率化や防災などにまちぐるみで対応する次世代型エコストアを指し、環境目標「イオンのエコプロジェクト」が定める基準を満たす、持続可能なまちづくりを目的とするモールです。当社が運営するモールでは、2016年3月にオープンした「イオンモール堺鉄砲町」を含む10モールで展開しています。

スマートイオンの図

EV(電気自動車)充電器の設置拡大

当社では、地球環境の保全や持続可能な社会の実現に向けて、CO2を排出しないEV(電気自動車)やPHV(プラグインハイブリッド車)の普及に貢献するため、各モールにEV充電器の設置を進めており、多くのお客さまに利用いただいています。イオングループの他の商業施設と合わせて2016年4月1日現在で193拠点のEV充電ステーション網を構築するとともに、社会インフラとして安定的なサービスを提供するため、電子マネー「WAON」などを利用した有料化への仕組みづくりを進めています。

EV充電ステーションの写真
EV充電ステーション

公共交通機関の利用促進

イオンモールでは、電車や路線バスなど公共交通機関でご来店いただける環境を整えています。特に駅から徒歩圏内のモールでは、鉄道会社や交通局と連携して電車でご来店されたお客さまに特典を提供するなど、公共交通機関を利用しやすい環境づくりを進めています。

「イオン ふるさとの森づくり」への継続的な取り組み

当社は1991年にマレーシアでスタートした「イオン ふるさとの森づくり」に継続的に取り組んでおり、新しいモールがオープンする際には、地域の自然環境に最も適した、その土地に自生する樹木をお客さまとともに植えています。2016年2月末現在、累計植樹本数は約1 , 1 2 0 万本(グループ合計)に達しています。

植樹の様子の写真
植樹の様子

自然の力を利用したエコ活動

太陽光発電

当社は他の商業施設に先駆けて太陽光発電システムを導入しており、国内外の各モールで順次設置を進め、館内の使用電力の一部をまかなっています。一部のモールでは、災害などによる停電時にも太陽光パネルで発電した電力を活用できるシステムを採用しています。

太陽光発電の写真
太陽光発電
壁面緑化/植栽

モール壁面の緑化は景観を向上するだけでなく、夏季の館内における温度上昇を抑制し、冷房で使用するエネルギーの削減につながります。「イオンモール岡山」では、5階から7階までのオープントップ部分にステップガーデンを配した「haremachi Garden」を展開し、緑豊かな憩いの空間を演出しています。

壁面緑化の写真
壁面緑化

各モールにおける日々の活動

省エネルギーの取り組み

各モールの館内照明を、より省電力で長寿命なLEDに切り替える取り組みを進めています。近年オープンしたモールでは共用部のLED採用率100%を達成しており、屋外の電飾サインにもLED光源ユニットを採用しています。
加えて、夜間電力を利用して氷を蓄え、営業時間の冷房に活用する「氷蓄熱システム」や、複数の空調機をカスケード(連続)配置して空調効率を高める「空調冷水カスケードシステム」など、先進的な省エネ技術を導入しています。

LED照明の写真
LED照明

廃棄物削減とリサイクル

各モールでは、廃棄物の排出量を削減するため、テナント各店の協力のもと、廃棄物を基本17品目に分別したうえで品目ごとに計量するシステムの導入を進めています。テナントで各品目を計量した後、計量済みのシールを貼り、品目ごとの保管場所にまとめて廃棄しており、品目ごとにリサイクル率を集計しています。2015年度のリサイクル率は、前年度の84.3%から86.6%に向上しました。

環境コミュニケーション

モールの環境負荷低減には、当社だけではなく、テナントやお客さまのご理解・ご協力が必要です。そこで、テナント従業員に小冊子の配布やバックヤードの掲示物などで協力を依頼するほか、館内のエコインフォメーションやエコベンチを通して、環境への取り組みを紹介するとともに、エコバッグ持参やリサイクルへのご協力を呼びかけています。

環境に関する取り組みが、多方面からの評価を獲得

GRESB調査において「グリーンスター」評価を取得

不動産会社・運用機関のサステナビリティ配慮を測る国際的なベンチマークである「グローバル不動産サステナビリティ・ベンチマーク(GRESB)」において、当社は2015年にアジア地域で16位(92社中)、世界全体で126位(688社中)となり、環境方針の策定・開示および実行・計測において優れた取り組みを行う企業として、最高位の「グリーンスター」評価を獲得しました。

グリーンスターの写真

「おおさかストップ温暖化賞」優秀賞を受賞

当社は2015年3月、大阪府下の当社直営5モールにおける温室効果ガス排出の取り組みを評価され、大阪府環境農林水産部主催の「おおさかストップ温暖化賞」温暖化対策部門において優秀賞を受賞しました。同賞は地球温暖化防止、ヒートアイランド現象の緩和ならびに電気の需要の平準化に向けた対策の普及促進のため、優れた取り組みを表彰するものです。

新店3モールが『いきもの共生事業所®』認証を取得

2015年10月以降にオープンしたイオンモール四條畷、イオンモール常滑、イオンモール堺鉄砲町の3モールが、新たに「いきもの共生事業所®」認証を取得しました。この認証は「一般社団法人 いきもの共生事業推進協議会(ABINC)」によるもので、「一般社団法人 企業と生物多様性イニシアチブ(JBIB)」が作成・登録した「いきもの共生事業所®推進ガイドライン」に基づき、生物多様性に配慮した緑地づくりなどの取り組みをABINCが第三者的に評価・認証するものです。過去にはイオンモール東員(2013年)、イオンモール多摩平の森(2014年)が認証を取得しています。

イオンモール常滑では敷地内の森に巣箱を設置の写真
イオンモール常滑では
敷地内の森に巣箱を設置